しいしせねっとわーく

[映像編] [JPEG] [MPEG] [XML] [QRコード] [文字コード]

フォーマット辞典

Last update

今、開発環境が寂しくないですか?
各種データやデバイス・開発言語・プロトコルのフォーマットやI/Oポートの使い方、などなど、開発者のための資料になるものを扱う予定です。
ここに掲載する情報も募集しています。(リンクも張ります)
誰が何を知りたくて読んでいるのかもわからないので、更新頻度は低いかもしれません。
文字コードもこちらでメモメモかな。

一覧

音声系

TwinVQ(vqf)
WAV
AAC
MP3(MPEG Audio Layer III)
MIDI
EUP
dts(Digital Theater System)
S/PDIF、EBS/EDU、AC-97、ASIO、MPEG2 AAC、Dolby等 ->[オーディオ編]

映像/動画系

[JPEG JFIF]
[MPEG]
PDF
PNG
MNG
GIF
TIFF
BMP
QuickTime
DV-AVI
FlashPix
ICO (Windows ICON)

 

などなど

参考

Google
 
Web siisise.net

 


ファイル フォーマット 解説

Last update 2001.03.14

昔はもっと沢山の画像や音声フォーマットがありましたが、ハードウェアが色数に依存しなくなってしまってからというもの、ビットデータ処理など、扱いにくくなってしまいました。
画像エフェクトをリアルタイム処理でこなそうとすると、どうしても画面モードに依存してしまいますからね。
Webの検索をしてみると、使う側から見た適当な解説しかしてないものがほとんどのようで、それでは悲しいので、せめて、元ネタや仕様の公開されているところへリンクだけでもしておこうと思います。

PEフォーマット

Windowsの実行ファイル形式。

参考

DSD

SONYが1ビットオーディオとかいうあやしげな名前で発表したSACDのオーディオフォーマット。外枠のフォーマットだけが無償で公開された。

参考

ASN.1/BER/DER

ASN.1は、BNFのように、データの構造を書ける書式で、通信用途などで使われているらしいです。

バイナリとしていろいろしたのがBER/DERなどのようです。PKIのX.509電子署名証明書などで使われています。

参考

HTML/XHTML

HTMLは、そろそろ終わりらしいです。現在の標準的なものは XHTML 1.0 かな。XMLとXSLTやCSSの組み合わせが今後の主流かもしれない。

参考

フォント

16ドットフォント、24ドットフォントなどがあったが、今はいろいろありますね。

OpenType

WindowsとMacintoshで統一したフォント仕様。AdobeとMicrosoftが作ったのかな。字形単位に独自のコードと字形を割り当ててあり、このコードとUNICODEの文字コードを対応させる。
日本語対応には、4段階の文字集合がある?
Adobe Japan1-3がJIS第二水準をカバーするものだったかな。OpenTypeではStandardがこれにあたり、OpenTypeのProフォントがAdobe Japan 1-4の字形集合をサポートする。
http://www.adobe.co.jp/products/type/info2.html
http://www.print-info.co.jp/j02p66.html

文字集合 文字数 フォント  
Adobe-Japan1-3 9,354 OpenType Standard JIS X 0208対応
Adobe-Japan1-4 15,444 OpenType Pro JIS X 0221-1995
K-JIS
印刷用グリフの追加
Adobe-Japan1-5 20,317   JIS X 0213:2000対応
Adobe-Japan1-6 23,058   JIS X 0213:2004
JIS X 0212:1990
U-PRESS 対応

http://partners.adobe.com/public/developer/font/

TrueType

一度は決まった標準仕様。Windowsでよく利用されている形式。

CID Font

Macintoshで使われる。Adobe Japan 1-2までを含んでいる。

PostScript Type1
プリンタで利用される形式とか。

簡単な解説は、Macromedia 等各所にある。

参考

Flash Player 8 (swf)

仕様が公開されているらしいぞ。

参考

DVD?

UDFかな。
1995年10月 UDF 1.0 がMO等用
1996年 8月 UDF Revision 1.02 でDVDに対応
1997年 2月 UDF Revision 1.5 CD-R/RW にも対応
1998年4月 UDF 2.0 拡張属性を定義

dts

DTS -デジタル・シアター・システムズ- が詳しいのかな? 2004年にdts Japan株式会社になったようだ。
デモディスク買ってみた。

参考

Portable Document Format(Adobe PDF)

翻訳するとき、余計な改行を消さないといけなかったり、データとしての保存価値はあまりなさそう。
紙の代わりにしかなってないかも。ディスプレイ上だと、やっぱり読みにくい。
ばーぢょん 1.5まで出ている。

ISO9660

CD-ROMのフォーマット
CD-ROMが搭載された FM TOWNSが発売されたのは ISO9660の前だが、その頃にはハイシエラフォーマット(High Sierra Format)が利用されていた。
これに改良を加え標準化したのがISO9660である。

拡張形式

Joliet ISO9660 レベル1の拡張 Microsoft SVD(副ボリューム記述子)を持つ
Romeo 128文字までのロングファイル名を扱えるように拡張したもの Jolietとは関係ない
Apple HFS ISO9660とは互換性を持たない
Apple ISO ISO9660 レベル2に Macintosh の独自属性を拡張したもの
HFS-ISO ハイブリッド HFSとISO両方の領域を持ったディスク Macintosh でしか作成できない

参考

TwinVQとかのvqfフォーマット

CD2WAV32がサポートしたことにより、WinAmpとの組み合わせでMP3の代替となるのではないかなかなと。 Ogg Vorbisの方が普及していそう。

参考

ICO (Windows ICON format)

ヘッダ tagICONDIR // 6バイト
{
WORD 予約 // 0x0000
WORD リソースの種類 // 0x0001 icon
WORD リソースの数 n // 0x0002 2つ など
ICONDIRENTRY アイコン1つの情報[n];
}

tagICONDIRENTRY { // 16バイト
BYTE width; // 幅 普通16または32
BYTE height; // 高さ 16 または 32 ?
BYTE colorcount; // 色数 普通16か? 0になってる。 2 ?
BYTE Reserve; // 予約
WORD Planes; // プレーン数 0 ?
WORD BitCount; // ビットのカウント 0 ?
DWORD BytesInRes; // サイズ
DWORD ImageOffset; // ファイル先頭からのオフセット
}

次がデータ?

WAVの基本フォーマット

Last update 2005.12.10

ちょっと圧縮してみようかなと思うので、これから調べます。
基本フォーマットはWindowsのRIFF形式です。
ん~、DVDなどが普及をはじめているようですが、5.1chや6.1chサウンドって対応できるんでしょうか・・・。
一応チャンネル数という項目はあるようですが、扱えるソフトがあるかというと、無理っぽいですね・・・。

RIFF形式

先頭12バイトが、RIFF、ファイルのデータサイズ、データの種類になっているものをRIFF形式という?

基本

このまとまりをチャンクとかいう。データ長はWORD単位なので、そうでない場合はデータの後ろを1バイトのpaddingで埋める。paddingはデータ長には含めない。

データの中に、別のチャンクを入れることができる。複数をまとめる場合はLISTチャンクを使う。

初期のものは'RIFF'チャンクが1つだけだったが、大きいファイルでは複数になることもあるようだ。

特殊

RIFF

4byte 'RIFF'
4byte データサイズ
4byte データの種類 'WAVE'
{
4byte タグ
4byte データ長 n
nbyte タグのデータ
} の繰り返し
チャンクの種類
'fmt ' と 'data' が必要

'fmt '
2byte 種類 {1:PCM 2:MS ADPCM 6:A-Law 7:μ-Law 11:IMA ADPCM }
2byte チャンネル数(1または2)
4byte サンプリングレート(Hz)
4byte データ転送量(byte/sec)
2byte 最小ブロック(データ構造)サイズ
2byte 1サンプル当たりのビット数
2byte 拡張部分のサイズ n
nbyte 拡張データ(PCMは無し)

'fact' サンプル数 (省略可)

'data'
波形データ

'LIST'
無視しよう

Windows では ACM(Audo Compression Manager) というAPI? が使えるらしい

参考

AAC / HE-AAC

Advanced Audio Coding

MPEG2やMPEG4で採用されているらしいフォーマット。AAC-LCとかいうもの?

上位規格にHE-AAC (High-Efficiency Advanced Audio Coding)がある。DOLBYなどでは aacPlus とか呼ばれていたり? バージョンは2つくらいあり、SBR や PS と呼ばれる部分を分けることで圧縮率を高めたもの?

MIME type や拡張子はいろいろあって、audio/mp4 拡張子 m4a、audio/3gp、拡張子 3gp、audio/3gp2 拡張子 3gp2 とかaudio/aac 拡張子 aac そういうものの中に入っていることが多いのか?

WinAmpではHE-AACに変換出力することができる。

MP3フォーマット

Last update 2001.05.26

参考資料 MP3はこんなのがありました。ニュースにはなってても、みんなフォーマットを知らない。
そんなんでいいのか?
MPEG1 Layer3は知っていたが、MPEG2 Layer3 もMP3に含まれているらしいし、標準ではないMPEG2.5 Layer3もあるとか。なんとも。
んん、これもステレヲ止まりか。。。

図1 フレームの構造
ヘッダ CRC サイド情報 メインデータ 付加データ

これが繰り返されてMP3データになる。

図2 ヘッダ
名称 ビット  
同期ビット 12

すべてのビットが1 (0xfff)
MPEG2.5では最後が0

バージョン 1 0: MPEG-2 or MPEG2.5
1: MPEG-1
レイヤ 2 11: レイヤI 10: レイヤII 01:レイヤIII
エラー保護 1 0: 有効 1: 無効
ビットレート 4 対応表参照
  2  

図3 ファイルの構造

ヘッダまでの付加情報(ID3 v2タグなど)と、最後にID3v1タグがつくことがある。

参考

JPEGフォーマット

http://siisise.net/jpeg.htmlへ移動しました。

MPEG PNG MNG GIF TIFF 6.0?

BMPフォーマットFlashPix フォーマット

OLEの『構造化ファイル』(IStorage)

まとめてhttp://siisise.net/image.htmlへ移動しました。

MIDIフォーマット (SMFフォーマット)

16トラックに対応した音楽ファイル。 リットーミュージックから規格書が出ている。

SMAF

着メロ用

application/x-smaf .mmf

YAMAHAにSMFやWAVからの無料コンバータあり

EUPフォーマット (TOWNS EUPHONYフォーマット)
WAV Windows PCM Sound Format

固定周波数でよく使われるが、可変周波数に対応できるかもしれない、PCM音声フォーマット。
WindowsでWAVの多重和音を使って演奏することなどは、到底無理である。DirectSound?(笑)

SND FM TOWNS PCM Sound Format FMB FM TOWNS FM音源 Data Format PMB FM TOWNS PCM楽器音源 Data Format

[しいしせねっと]